top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪質改善が必要な方 和歌山 美容室 髪質改善


こんにちは、みなさん!

和歌山にある髪質改善専門美容室MIRAです✨


当店では髪質改善専門美容室として

【貴女の未来を美しくする環境を創り続ける】


というコンセプトにそってお客様に髪質改善技術の提供をおこなっています❗️


今日は髪質改善が必要な方についてお話しします。


髪質改善とは、髪を健康で美しく保つための方法です。


最新のヘアケア情報とあっと驚くヘアケア知識を交えながら、誰でも簡単にできるケア方法を紹介しますね。


### 髪質改善が必要なサイン


1. パサつき

髪が乾燥してパサパサしている場合、髪質改善が必要です。


潤いがなく、手触りも悪くなります。


2. 広がり

髪がまとまりにくく、広がりやすい場合も髪質改善が必要です。


湿気の多い日には特に広がりが気になります。


3. ツヤがない

健康な髪はツヤがありますが、傷んだ髪は光沢を失い、くすんで見えます。


4. 絡まりやすい

髪が絡まりやすく、ブラシやくしが通りにくい場合も髪質改善が必要です。


5. 切れ毛や枝毛

髪の先端が二つに分かれていたり、途中で切れてしまっている場合、髪がダメージを受けている証拠です。


### 最新のヘアケア情報


#### 保湿ケアの重要性

髪の乾燥を防ぐためには、保湿が大切です。シャンプーやトリートメントに含まれる保湿成分(ヒアルロン酸やシアバターなど)を確認して選びましょう。


#### ヘアマスクの使用

週に一度はヘアマスクを使って、髪にたっぷりと栄養を与えましょう。


ヘアマスクは髪の内部に浸透し、ダメージを修復してくれます。


### 誰でも簡単にできるケア方法


#### 正しい洗髪方法

1. シャンプーを手のひらでよく泡立ててから使いましょう。


2. 指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗います。


3.トリートメントは毛先を中心につけ、しっかりと洗い流してください。


#### タオルドライの仕方

髪を洗った後、タオルでゴシゴシと拭かずに、優しく押さえるように水分を取ります。


これにより、キューティクルが傷つかず、髪のダメージを防ぎます。


#### ドライヤーの使い方

ドライヤーを使うときは、髪から20センチ以上離して使い、根元から毛先に向かって風を当てましょう。


また、ドライヤーの温度は低めに設定し、冷風で仕上げると、キューティクルが整い、髪のダメージを防ぐことができます。


### あっと驚くヘアケア知識


#### シルクの枕カバーの使用

シルクの枕カバーは、髪の摩擦を減らし、寝ている間に髪が絡まるのを防ぎます。


これにより、翌朝の髪のまとまりが良くなり、髪のダメージを防ぐことができます。


#### 頭皮マッサージの実践

頭皮マッサージは、血行を良くし、髪の成長を促進する効果があります。


シャンプー中やお風呂上がりに、指の腹で優しく頭皮をマッサージしてみましょう。


### 食事からのケア


髪の健康には、食事も大切です。ビタミンEやビタミンC、オメガ3脂肪酸が含まれる食べ物を摂ると、髪の強さとツヤを維持できます。


例えば、アーモンド、サーモン、アボカド、オレンジなどがおすすめです。


### まとめ


髪質改善が必要なサインには、パサつき、広がり、ツヤのなさ、絡まりやすさ、切れ毛や枝毛などがあります。


これらのサインに気づいたら、適切なケアを行うことが大切です。


保湿ケアやヘアマスクの使用、正しい洗髪方法、タオルドライの仕方、ドライヤーの使い方、シルクの枕カバーや頭皮マッサージの実践など、簡単にできる方法を試してみてください。


また、バランスの取れた食事も忘れずに。毎日のちょっとしたケアが、健康で美しい髪を保つ秘訣です。


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:1回0件のコメント

Kommentare


bottom of page