top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪の毛の伸びる速さとは?



髪の毛の伸びる速さとは?


「雰囲気を変えるために早く髪の毛が伸びたらいいのに……」と思ったことはありませんか? 


人の髪の毛は一般的に1カ月に1cm伸びると言われていますが、


体調や体質など、どんな要因が影響しているのでしょうか?


今回は髪が伸びる速さと少しでも速く伸びてキレイに伸ばしたい方にオススメします。


ぜひ最後までご覧ください🙇



髪の毛が伸びる速さ



その人の体質やその時の体調によって違いはありますが、一般的に、日本人の髪の毛は1日に0.30.4 mm伸びるとされています。およそ3日で1 mm1ヶ月で1 cm1年で12 cm伸びることになります。



男性・女性による違い

髪の毛の伸びるスピードに男女のホルモン差はほぼ影響しないといわれていますが、 “髪の抜けづらさ”には男女差が出るので、それが髪の毛自体の成長には関連しているようです。





女性ホルモンが多い人の方が髪の毛が抜けないので比較的長く伸びやすいのです。

一方で短い髪の毛は、伸びたときに目に見えて変化がわかりやすいため、例えば、坊主スタイル

やベリーショートの人は早く伸びている実感を持つこともあります。



ただ、これはあくまでもそう感じるだけで、短い髪の毛が伸びるスピードが速いということはなさそうです。



年齢による変化

年齢を重ねるにつれて髪の毛の成長する速度は遅くなるそう。

髪の毛を構成しているケラチンというタンパク質が作られるためには栄養が必要で、これを運んでくるのが毛細血管です。



毛細血管が元気(=血行が良い)だと、組織が栄養を受け取りやすくケラチンの生成が活発になります。



例えば、20代の髪の毛が伸びるスピードを“10”とすると、50代では“9”、60代では"8"……と髪の毛の成長速度は下降するそう。


子どもの髪の毛が伸びるスピードに注目すると違いが分かりやすいかもしれません。



髪の毛の部位による違い

一見、髪の毛はどの部位も同じ速度で伸びているように思えますが、場所によって微妙に違いがありそうです。



前髪の伸びる速さは目に付くため早く感じられますが、頭頂部と同様なので実は他の部位より伸びる速さは遅いのだそう。



髪の毛が伸びるメカニズム



では、髪の毛はどんなときでも成長し続けているのでしょうか? 生える・抜けるのメカニズムについてもみてみましょう。



ヘアサイクルは主に成長期・退行期・休止期の3段階で成り立っており、成長期の期間は男女差があるそう。



人間の髪の毛はモンゴロイドを例にすると大体10万本あると言われており、人によっては1,000通り以上のヘアサイクルが存在しているそうです。

また、ヘアサイクルは年間を通じて一定ではなく、季節変動があるとも言われているそう。

暑いと体温を下げようとするため毛が抜けるという生物機能が働いたり、


血行が滞りやすい冬は末梢神経まで栄養が行き届きづらく抜け毛が増えたりするという事例もあるようです。髪の毛は体調不良のように疲れがすぐに目に見える形で表面化するわけでなく、


3〜4カ月後に現れるので、抜け毛が多いと感じたときは少し前の自分の体調を見返してみると良いかもしれません。



髪の毛を早く伸ばす方法



ここまで髪の毛の成長サイクルや、成長要因について教えていただきましたが、ではどのような心がけをしたら髪の毛は早く伸びるのでしょうか? ヘアケアや、生活習慣などで変化があるのか見てみましょう。



ヘアケアで頭皮と髪の毛を健康に

髪の毛を健やかに保つためにシャンプーをはじめとした日常的なヘアケアでもっとも意識すべきは、頭皮を清潔な状態に保つということ。



また、頭皮に油分を与えすぎないよう、トリートメントは毛の部分だけにつけるように意識してみましょう。さらにヘアドライのあとに頭皮マッサージをして、血流を促進させることもおすすめです。


睡眠をしっかりとる


睡眠時は成長ホルモンがもっとも多く分泌する時間でもあるので、体のためにも髪の毛のためにもしっかり睡眠時間を確保することが重要です。



食生活で髪の毛に栄養を与える

髪の毛の成長には、バランスの良い食事も大事とのこと。特に気にして摂った方が良い栄養素などあるのでしょうか。


基本的にはどの栄養も重要です。


その中でも、頭皮に栄養を届けるためには血流をよくするための鉄分や、髪の毛を構成しているケラチンの主成分、タンパク質は意識して摂ることをおすすめします。


血液を作るための鉄分は植物性よりも動物性の鉄分、例えばレバーなどの方が吸収率が良いので、効率的に取り入れてみてください。


タンパク質は体重分の「グラム数」、例えば50kgの人なら「50g」摂れると良いそう。


多く感じますが、魚や肉、豆製品、卵など身近な食べ物から摂れるので、意識してみると良いでしょう。

また、栄養素だけを気にするのではなくよく噛むという行為も大事とのこと。噛んで唾液を出すことでパロチンという成長ホルモンが出るため、髪の毛の成長にもつながるようです。いかがでしたか?髪の毛の成長について、男女差や年齢、生活習慣などとの関わりについてお伝えしました。健やかな髪の毛の成長を促すためにも、髪の毛が伸びるメカニズムを理解して、育毛剤などのヘアケアアイテムを使って頭髪環境を整えてみてはいかがでしょうか?





最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲


こちらの記事も合わせてご覧ください✨





閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page