top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪に絶対やってはいけないこと 和歌山 美容室 髪質改善


こんにちは!


プロの美容師として、今日は髪に絶対やってはいけないことについてお話しします。


美しい髪を保つためには、正しいケアが必要です。


しかし、間違ったケアをしてしまうと、髪に大きなダメージを与えてしまうこともあります。


では、さっそく見ていきましょう!


#### 1. 髪を濡れたまま放置する


髪を濡れたまま放置すると、髪の毛がダメージを受けやすくなります。


濡れた髪はキューティクルが開いているため、摩擦やダメージに弱い状態です。


髪を洗った後は、タオルで優しく水分を取ってから、すぐにドライヤーで乾かしましょう。


#### 2. 熱を直接髪に当てる


ヘアアイロンやドライヤーの高温を髪に直接当てると、髪が焦げたり、傷んだりします。


ドライヤーを使う際は、髪から少し距離を置き、温風と冷風を交互に使って乾かすことが大切です。


また、ヘアアイロンを使う場合は、温度を低めに設定し、短時間でスタイリングするようにしましょう。


#### 3. 濡れた髪を強くこする


濡れた髪をタオルで強くこすると、キューティクルが傷ついてしまいます。


タオルで水分を取る際は、軽く押さえるようにして、髪を優しく扱いましょう。


#### 4. 髪を引っ張る


髪を引っ張ると、根元からダメージを受けてしまいます。


特に、髪をブラッシングするときや結ぶときには、優しく扱うことが大切です。


結ぶときは、きつく締めすぎないようにしましょう。


#### 5. 過度なシャンプー


毎日シャンプーをすることは悪くありませんが、過度にシャンプーをすると、髪の自然な油分を奪ってしまいます。


油分は髪を保護し、健康に保つ役割を果たしています。


シャンプーは適度に行い、毎日トリートメントを使用しましょう。


#### 6. 不適切なヘアケア製品の使用


髪質に合わないヘアケア製品を使うと、逆に髪を傷めることがあります。


自分の髪質や悩みに合った製品を選ぶことが大切です。


また、成分表を確認し、アルコールが多く含まれている製品は避けるようにしましょう。


#### 7. 髪を乾燥させる環境


髪を乾燥させる環境に長時間いると、髪がパサつきやすくなります。


例えば、エアコンの効いた部屋に長時間いる場合は、加湿器を使って湿度を保つようにすると良いでしょう。


#### 8. 過度な染色やパーマ


頻繁に髪を染めたりパーマをかけたりすると、髪に大きなダメージを与えます。


これらの施術は、髪の内部に化学薬品を浸透させるため、髪が乾燥しやすくなります。


必要な場合以外は控えるか、施術後にはしっかりとトリートメントを行いましょう。


#### 9. 偏った食事


髪の健康は、食事からも影響を受けます。


偏った食事をしていると、髪に必要な栄養が不足し、髪が弱くなります。


バランスの良い食事を心がけ、特にビタミンやミネラルを意識して摂るようにしましょう。


#### 10. ストレス


ストレスは髪の成長にも影響を与えます。


過度なストレスは、髪の成長を妨げることがあります。


リラックスできる時間を作り、ストレスを上手に解消する方法を見つけることが大切です。


### まとめ


髪に絶対やってはいけないことを知ることで、より健康で美しい髪を保つことができます。


濡れたまま放置しない、熱を直接当てない、過度なシャンプーを避けるなど、簡単なポイントを守るだけで、髪のダメージを減らすことができます。


ぜひ、今日から実践してみてくださいね!

閲覧数:5回0件のコメント

Comentarios


bottom of page