top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪にやってはいけない8つのこと。 和歌山 美容室 髪質改善


「美しい髪の秘訣! 髪にやってはいけない8つのこと」


美しい髪を保つためには、適切なヘアケアが不可欠です。


しかし、知らず知らずのうちに髪にダメージを与えてしまうことがあります。


ここでは、髪にやってはいけない8つのことについてお伝えします。



1. 湿った髪での強いブラッシング:

髪は湿った状態では傷みやすいです。


強い力でブラッシングすると、髪が引っ張られて傷つく可能性が高まります。


ブラッシングは乾いた髪にするか、湿った髪にはワイドトゥースのブラシを使用しましょう。


過度なヘアドライヤーの使用:

高温の風を当てすぎると髪が乾燥しやすくなります。


ドライヤーを使用する際は、低温設定や遠くからの風を心がけましょう。


3. 頻繁なヘアアイロンの使用:

ヘアアイロンは髪を傷める原因になります。


頻繁に使う場合はヒートプロテクト剤を使用し、温度設定にも注意しましょう。


根元に集中するシャンプー:

シャンプーを根元に集中して使うと、髪全体が乾燥しやすくなります。


シャンプーは手のひらで泡立て、頭皮と髪全体に優しくなじませましょう。


適切でないヘアゴムの使用:

金属やゴムが髪にこすれると、髪が切れやすくなります。


柔らかくて引っかからない素材のヘアゴムを選び、髪を優しくまとめましょう。


過度なヘアカラー:

過度なヘアカラーは髪に負担をかけます。


長期間の間隔をあけ、ヘアカラー専用のシャンプーやトリートメントを使用することで、色落ちを防ぎます。


夜のままの濡れた髪での寝ること:

寝ている間に濡れた髪が摩擦しやすく、朝起きたときに広がりやすくなります。


寝る前に髪をしっかり乾かしておくか、髪をまとめて枕に擦れないようにしましょう。


頭皮に刺激を与えるハードなマッサージ: 強い力で頭皮をこすると、逆に頭皮や髪にダメージを与えることがあります。


優しく円を描くようなマッサージを心がけましょう。


これらのポイントに気を付けることで、髪のダメージを最小限にし、健康的な美しい髪を保つことができます。


毎日のヘアケアを楽しんでみてくださいね。


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page