top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪が変に光るのを防ぐ予防法。和歌山 美容室 髪質改善


髪が変に光るのを防ぐ方法。


前回は髪が変に光ってる原因と対策についてお伝えさせていただきました。


前回の記事はこちらから↓



今回は髪が変に光るのを防ぐ予防法についてお伝えさせていただきます。


最後までぜひご覧くださいませ。


髪の毛を キラキラさせないための予防法は、次の2つです。

⒈カラーの特性に合わせたケアをする

⒉適切なタオルドライをする

これらのことを実践することにより、髪の毛を傷みづらくすることができます。



予防法1:カラーの特性に合わせたケアをする

カラーリングには、暖色系(ピンク系・赤系・オレンジ系など)と寒色系(青色系・緑色系など)があります。


暖色系は、熱湯や刺激に弱いため、熱湯やシャンプーにより色素が抜けやすい傾向にあります。


その理由は、髪を染める染料の粒が小さく、髪内部での定着力が弱いためです。


したがって、熱すぎるお湯での洗浄は控え、ぬるめのお湯で洗浄をするようにしましょう。


また、刺激の強いシャンプーの使用を控えましょう。


寒色系は、ドライヤーやヘアアイロンの熱や紫外線に弱いため、ドライヤーやヘアアイロンの使用や紫外線により色素が抜けやすい傾向にあります。


その理由は、髪を染める染料の粒が大きく、粒が髪の内部までしっかりと入らないためです。


それにより、熱による刺激や紫外線による酸化で色落ちをしてしまいやすいのです。


したがって、ドライヤーやヘアアイロンの使用頻度や使用時間に注意を払い、使用しすぎないようにしましょう。


また、紫外線対策としてUVスプレーを活用したり、帽子をかぶったりしましょう。



予防法2:適切なタオルドライをする


髪を傷めないためには、適切なタオルドライ(タオルでの水分の払拭)が必要です。

入浴後、タオルドライをする際は、髪をゴシゴシしないようにしましょう。


また、まずは頭皮の水分からふき取り、その次に髪の毛の水分をふき取るようにしましょう。


しっかりとタオルドライをすることにより、ドライヤーで乾かす時間を減らせ、髪へのダメージを減らせます。


5.まとめ

髪の毛がキラキラと光る原因は、「髪の傷み」「頭皮の傷み」「白髪」の3種類あります。


髪の毛がキラキラする場合の対処法は次の3つがあります。


⒈頭皮への刺激が少ないシャンプーを使用する

⒉髪・頭皮をケアしてくれるシャンプーを使用する

⒊髪を補修してくれるトリートメントを使用する


髪の毛をキラキラさせないための予防法は2つあります。


⒈カラーの特性に合わせたケアをする

⒉適切なタオルドライをする


これらの対策法・予防法を実践し、髪の毛のキラキラに対処をしていきましょう。


また、良質な睡眠や、栄養に満ちた食生活、運動なども髪の健康をサポートするうえで非常に重要になってきます。


それらについても見直しをすると、より効果的です。



そして毎回お伝えさせていただくのですが、

当店MIRAではお客様の髪質に合わせた天然の薬剤で髪質改善をする、


ヘアエステが効果的です。


髪が光ってしまう、パサパサする、引っかかるところを改善し、


年齢を重ねても髪がキレイになる状態をつくります。


その答えはこちらから↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲


こちらの記事も合わせてご覧ください✨







閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page