top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪が変な色になってしまう理由とその対策


髪が変な色になってしまう理由とその対策


こんにちは!


「なんかヘアカラーが変な色になってきてる」


「最近染めていないのに金髪っぽくなってる」


「髪の色落ちが汚く見えて嫌だ💦」


そんなお悩みを持ってる方はいませんか?


今日は、髪が変な色になってしまう理由と、その対策についてお話しします。


最新のヘアケア情報や驚くような知識も交えつつ、誰でも簡単にできる方法をご紹介しますので最後までぜひご覧ください✨


【髪が変な色になる理由】


1. カラーリングの失敗:

   

自分でヘアカラーをする時、染料が均一に行き渡らないことがあります。


特に根元と毛先で色の差が出やすいです。


2. 過剰なブリーチ:

   

ブリーチをしすぎると髪が黄色やオレンジっぽくなってしまうことがあります。


これはメラニン色素が壊れすぎるからです。


3. 水質の影響:

   

水道水の中に含まれる鉄分や銅が髪に付着して、緑っぽい色になることがあります。


プールの水も原因の一つです。


4. 紫外線や環境汚染:

   

太陽の紫外線や大気中の汚染物質が髪の色を変えてしまうことがあります。


特に夏は紫外線の影響を受けやすいです。


【最新のヘアケア情報】


紫外線対策:

紫外線は髪の色を変える大きな要因です。


外出時は帽子をかぶるか、UVカットスプレーを使いましょう。


シャンプー選び:

色落ちを防ぐためには、髪に優しいシャンプーを使うことが大切で!


これらは色を長持ちさせる成分が入っています。


当店の髪セレブシャンプーもその一つです✨


ヘアマスク:

週に2回のヘアマスクで髪を保湿すると、色持ちが良くなります。


特に色落ちしやすい赤系や紫系の髪には効果的です。


簡単にできるヘアケア方法


毎日のケア:

1. ドライヤーの最後は冷風で:

   ドライヤーの最後に冷風をあてると、キューティクルが引き締まり、色持ちが良くなります。


2. 髪セレブシャンプー:

   色を補充するために髪セレブシャンプーを使うと、髪色をキープできます。


3. 保湿:

   髪が乾燥すると色落ちしやすくなります。


ヘアオイルやヘアマスクで保湿をしましょう。


まとめ


髪の色が変になってしまうのには様々な理由がありますが、正しいケアをすることで防ぐことができます。


最新のヘアケア情報や驚きの知識を活用し、日常の簡単なケアを続けることで、きれいな髪色を保ちましょう。


ぜひ、今日から試してみてくださいね!


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page