top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

髪が切れる。切れ毛、パヤ毛をどうするの?和歌山 美容室 髪質改善


髪が切れる。切れ毛、パヤ毛をどうするの?


髪の手触りが良くなって、ツヤツヤになってハッピーなお客様に立ちはだかる壁が・・・


表面の切れ毛がピョンピョンはねている部分、

それがパヤ毛といいます。


パヤ毛はクセがありはねてしまうので自力で治したり、トリートメントをしても治らないのです。


でもキレイにしたくて手触りも良くなりツヤも出てるのにパヤ毛があるとキレイに見えないですよね。


今回は切れ毛、パヤ毛の原因は一体何なのか?を解説していきます✨


最後までぜひご覧くださいませ🙇



ちりちりぱやぱやした毛の原因

 このちりちりぱやぱやした毛の原因は



  • ブローやアイロンによる熱ダメージの切れ毛

  • 結んだりした時の摩擦による切れ毛

  • カラーリングやパーマなどのダメージによる切れ毛

  • 自然に抜けて生えてきている短い毛

 これらの毛が髪のクセにより浮き出てしまっている事により起きていると考えられます。



 「髪がうねっているわけでもないのに髪のくせが原因なの?」…と思われる方も多いかもしれません。 が、髪のくせにも種類があって、大きなうねりやウエーブのようなくせじゃなく ぼわぼわと広がるようなクセやちりちりぱやぱやした髪に見えてしまうようなくせの種類もあるんです。 特に、雨の日や湿気の多い時期にぱやぱやする毛が気になるという方は、 髪が空気中の湿気を吸って髪のくせの形が出てしまっているという状態なので、間違いなくくせが原因だと言えます。




髪の表面のちりちりぱやぱやした毛をなくすには?

 表面に現れるぱやぱやした毛は傷んで見えたりもするし気になりますよね。。 ちりちりぱやぱやした毛をなくす方法をご紹介していきます。 

ちりちりぱやぱやした毛には縮毛矯正

 多くのぱやぱやした毛の原因は髪のダメージではなくくせ毛です。 なので、くせを真っ直ぐに伸ばしてくれる縮毛矯正でほとんど収まります。稀に短い切れ毛も伴っている事がありますが、 その場合にはMIRAの縮毛矯正【ヘアエステ】で髪の絡みを取って切れ毛の起きにくい髪にする事で自然と落ち着いてきます。

髪がちりちりしたりぱやぱやパサパサして見えてしまうと、「髪が傷んでいるのかも…」と思って一生懸命ヘアケアを見直したりトリートメントをされる方も多いんですが、 このようなぱやぱやした髪は髪の毛一本一本がちりちりとした形状をした“クセ”によるものなんです。なので、そのちりつきと髪の毛のヨレを縮毛矯正で真っ直ぐに整えてあげる事で髪のぱやつきはなくなります。



髪のぱやぱやの原因は髪一本一本のヨレが原因。 ストレートエステは保湿をしたり毛髪強度をあげるものであって髪の形状を変える事は出来ないので、いくら保湿をしてもぱやぱやした髪は治まらないんです!この程度のクセであれば半年〜1年に1回縮毛矯正をかければ艶のある綺麗な髪をキープ出来るので、 何をやってもぱやぱやした髪が治らないという方はダメージを抑えて艶髪を作るMIRAのストレートエステをぜひご体感ください✨



最後までご覧いただきありがとうございました😭




まずはお悩みを聞かせてください。


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲


こちらの記事も合わせてご覧ください✨





閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page