top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

薄毛の原因と対策 和歌山 美容室 髪質改善




髪をキレイにしたいけど、最近抜け毛や薄毛に困ってます。


髪がないとキレイにする元も子もないですよね。


忙しい毎日を迎えていると、


気持ちが落ち着かない時、


年齢を重ねているうちに、


・髪のボリュームが感じない。


・ハリコシがない気がする。


・シャンプーの時にいつもより髪が手についてる。


・朝起きたら枕に髪がついてる


気がつけば髪の量が薄く感じる



育毛剤をつけても治らないそんな嫌な状態を


はなく治したい!



まずは原因を調べてみましょう。


そして対策をしていきましょう✨




女性の薄毛の原因とは

女性の薄毛の原因は加齢、更年期、生活習慣、ライフスタイル、ホルモンバランスの乱れをはじめ、病気や治療の副作用など多岐にわたります。女性に見られる薄毛について、その症状や原因について詳しくご紹介します。



ライフスタイルや生活習慣が原因の女性の薄毛タイプとは

女性の薄毛・抜け毛の原因は、加齢やホルモンバランス、生活習慣、ストレスなどがあります。また、オシャレを楽しむことが脱毛を引き起こすことも……。女性の薄毛の症状や原因、対策を詳しく紹介します。



●女性のヘアアレンジが引き起こす「 牽引性(けんいんせい)脱毛症」

ポニーテールなどで髪を強く引っぱり縛ったヘアアレンジや、きつめの三つ編みや編み込みなどを長時間または長期間続けていると、毛根部分の血流が悪くなるために薄毛の原因になる場合があります。このように、髪を強く結わえるなど、頭皮に負担がかかることで引き起こされた脱毛を「牽引性脱毛」と言います。ポニーテール以外にも、髪の毛の根元に編み込むヘアエクステンションなども、重みがあるために脱毛原因になる可能性も。牽引性脱毛の対策としては、頭皮に負担がかかるようなヘアアレンジをしている時間を短くすること。また、頭皮マッサージなどをするなどケアが大事です。



●女性特有の「産後脱毛症」

女性の薄毛原因のひとつに、「産後脱毛症」があります。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増加し、一時的に髪の成長期が長くなりますが、産後は一斉に髪が休止期に入ってしまうことが原因です。産後三か月から半年程はごっそりと抜け毛が増え、女性の薄毛はピークを迎えますが、その後一年半程で髪が成長期に戻ります 。高齢出産の女性の場合、加齢による発毛力の低下で元の状態に戻りづらいことも。



●女性特有の閉経が薄毛の原因に

閉経後の女性は、女性ホルモンが急激に少なくなり、 頭髪が全体的に薄くなることがあります。生えてくる髪も細く弱くなるので、つむじや生え際が透けて見えることも。脱毛以外にも、髪にツヤがなくなり、指通りが悪くなるなど髪質に影響を及ぼします。



男性と女性が共通するフケが引き起こす薄毛タイプ

男性女性ともに、フケが原因で脱毛を引き起こす場合があります。フケは皮脂が原因ですが、洗い過ぎて皮脂が少なくてもNG。フケが引き起こす薄毛タイプを2つ紹介します。



●男性女性共通の薄毛「脂漏性(しろうせい)脱毛症」



皮脂が過剰分泌し、ベタベタとしたフケも発生し、薄毛が伴えば「脂漏性脱毛症」

頭皮にかゆみがあり、赤く炎症を起こしている状態を「脂漏性皮膚炎」と言います。皮脂が過剰分泌し、脂っこいベタベタとしたフケも発生するのが特徴です。これに薄毛が伴えば「脂漏性脱毛」に。

この脂漏性脱毛の原因は、不規則な生活やストレスなどが関与するといわれていますが、対策としてはまずは食生活を改善すること。刺激物やアルコールを控え、脂質の少ない食生活を心がけましょう。

また、女性の基本的な薄毛対策と同様、正しくシャンプーをして頭皮を清潔に保つことも大事です。かゆみがひどい場合は、皮膚科に受診を。ステロイドなどの塗り薬が処方されます



●男性女性共通の薄毛「ひこう性脱毛症」


脂漏性脱毛と同様、頭皮にかゆみがあり赤く炎症し、さらに乾燥した細かいフケと、薄毛を伴う場合には「ひこう性脱毛」と言います。


この脱毛は、過度のシャンプーでの皮脂のとり過ぎが原因。


フケが気になるからと言って洗い過ぎには注意しましょう。まずは原因となる病気の治療を優先しましょう。


完治後に薄毛も治るケースもあります。



女性の薄毛原因には、病気や治療が引き起こすものもある

女性の薄毛・抜け毛の原因は、女性ならではの病気や疾患、そのための治療により脱毛を引き起こすことがあります。


原因となる病気の治療を優先しましょう。完治後に薄毛も治るケースもあります。



●女性に多い甲状腺機能の異常

喉ぼとけの下の部分にある甲状腺は、甲状腺ホルモンを分泌しています。この甲状腺機能に異常が見られる病気は女性に多く、薄毛の原因になり得る病気です。

「甲状腺機能亢進症(パセドウ病)」は、甲状腺ホルモンを過度に分泌し、必要以上に新陳代謝が活発になるために抜け毛が多くなります。

反対に、「甲状腺機能低下症」 は、甲状腺ホルモンの分泌が低下するために、髪が生えにくくなります。双方とも、病気を治療することで薄毛も改善します。



●「鉄欠乏」や「亜鉛欠乏」が薄毛の原因にも

体内に貯蔵されている鉄が少ないことを「潜在性鉄欠乏」と言います。

血液中のフェリチンというタンパクの量を測り、基準に達していないと、潜在的に鉄がないと診断されます。重度の貧血も含め、鉄不足は薄毛の原因に。


鉄剤の服用で薄毛も改善されます。また、亜鉛の欠乏も薄毛の原因になります。



●女性の病気治療や薬剤が引き起こす薄毛

抗がん剤や抗甲状腺薬、血圧降下剤を服用中は薄毛の原因になることがありますが、病気が完治して薬の服用を止めれば髪は元に戻ります。また、ピルなどの経口避妊薬で薄毛になることも。

●女性の薄毛の大敵である「円形脱毛症」


1~2cm大の丸い脱毛が生じることを「円形脱毛症」と言います。

男性女性の性別は関係がない脱毛タイプで、近年では起こりやすい遺伝的な要因があることや、遺伝的だけでは説明できない環境要因の因子も複雑に絡み合っておこる毛包組織への自己免疫反応と考えられています。


痛みやかゆみなど自覚症状がないため、美容室で指摘されるケースも。脱毛部も頭頂部から前頭部など様々ですが、眉毛やデリケートゾーンに発症することもあります。


これをしたら円形脱毛症に絶対にならないという対策はありませんが、精神的・身体的なストレスなどで、免疫のバランスの乱れを引き起こすきっかけになります。ストレスを持ち越さず、規則正しい食事内容や睡眠を心がけるなどしていきましょう。



女性に多い!?実は薄毛の原因になる「過度なダイエット」

過度なダイエットや食生活の乱れがあると、髪が作られる毛母細胞まで栄養が送られません。

生命維持のために内臓に優先して栄養分が送られるため、栄養不足になるとはじめに切り捨てられてしまうのは髪なのです。

ダイエット直後は薄毛にならなくとも、数年後には原因として影響があるケースもあります。



髪にも頭皮にも必要なのは栄養です。

シャンプー、トリートメント、頭皮用トリートメント、そして食事


人の体は過度な摂取もよくなければ過度な非摂取もよろしくないです。


髪をキレイにする前にしっかりと体、頭皮を健康的になる意識をもって過ごしましょう🔥




まずはお悩みを聞かせてください。


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲


こちらの記事も合わせてご覧ください✨





閲覧数:10回0件のコメント

Commentaires


bottom of page