top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

縮毛矯正のメリット・デメリット 和歌山 美容室 髪質改善


縮毛矯正とは?効果やメリット・デメリット、注意点などを解説❗️


スタイリングしたのにすぐに広がる、毎朝のセットに時間がかかる、思ったように仕上がらないなど、くせ毛でお悩みの人は多いでしょう💭

頑固なくせ毛の悩みを一気に解消する人気の施術が「縮毛矯正」です✨

縮毛矯正のことが気になっているけれど、そもそもどのような施術かよくわからない人もいるのではないでしょうか❓

そこで、縮毛矯正の特徴やメリット・デメリット、施術後の注意点などを解説します❗️

縮毛矯正をかけるかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください🤫



縮毛矯正の特徴

縮毛矯正は特殊な薬剤を使って、くせ毛や広がりやすい髪をストレートにする施術です🎵

くせの強い髪や縮れた髪など、扱いづらい髪も直毛にできるので、スタイリングが決まらなくて悩んでいる人におすすめ😏

美容院によっては、前髪や顔周りのみの施術も行っていて、悩みに合わせてかけたい部分を選択することも可能です!



縮毛矯正は何ヶ月もつ?

縮毛矯正を一度かけた部分は半永久的に直毛のままですが、新たに伸びた部分はくせのある元の状態で生えてきます!そのため、髪の毛が伸びてくると、うねりやくせが気になったり、髪の毛が扱いづらくなったりする人も💦

髪質によって個人差はあるものの、一般的に縮毛矯正が持続する期間は4ヶ月~半年程度です!

ただし、髪が短いほど縮毛矯正がかかっている部分が少ないため、ショートヘアやボブなどの短い髪型は、うねりや広がりが早く出ることがあります😅


縮毛矯正をかける頻度

髪が伸びるスピードには個人差がありますが、綺麗な状態を保つなら3〜6ヶ月に1回のペースで縮毛矯正をかけるといいでしょう!

ショートからミディアムヘアくらいまでの髪が短い人は、比較的早くうねりやくせが出やすいため、縮毛矯正をかける頻度をやや短めにすると扱いやすい髪の毛をキープできます✨

ただし、頻繁にかけすぎると髪のダメージにつながるため、施術までの期間はある程度しっかりあけることが大切です❗️

髪が伸びた部分だけをリタッチするメニューもあるため、髪のダメージが気になる人はリタッチメニューをオススメします😙


縮毛矯正のメリット

強いくせ毛でもしっかりストレートにできる

縮毛矯正は特殊な薬剤で髪内部のうねりをリセットするため、強いくせでもしっかり矯正できます!

チリチリとした縮れ毛もサラサラのストレートにできるので、強いくせ毛で悩んでいる人におすすめです!


スタイリング時間を短縮できる

髪の毛にくせがあるとドライヤーで直したり、ヘアアイロンでスタイリングしたりなど、ヘアセットに時間を要します。なかなか髪型が決まらず、気付いたら遅刻寸前ということもあるでしょう!

縮毛矯正をかければ毎朝のスタイリング時間を短縮できるため、時間に余裕ができます。扱いやすい髪質になっているので、今までチャレンジできなかったヘアスタイルに挑戦できるでしょう✨


梅雨でも髪の毛がまとまりやすい

縮毛矯正をかけた髪の毛は湿気に強くなります☔️

梅雨でセットが崩れやすい人や広がりやすい人もまとまりのある髪を維持しやすいので、湿気が多い日の外出も億劫になりません✨

とくに前髪や顔周りは汗や湿気の影響を受けやすく、せっかくセットしてもうねりやくせが戻ってしまうことも。縮毛矯正をかければ、水分や湿気に触れても大きく崩れる心配は少なくなります🎵

縮毛矯正のデメリット

施術者の技術力によって仕上がりに差が出やすいです💦

縮毛矯正は髪質やくせの強さに合わせて、使用する薬剤や放置時間の調整が必要になり、施術者の技術力によって仕上がりが大きく変わります‼️なかには、直毛になりすぎてピンとした不自然なストレートになる可能性も😞

このような失敗をしないためには、縮毛矯正を得意としている美容院や施術者を選ぶことが大切です‼️


ブリーチした髪は施術できないことがある

明るくブリーチした髪はダメージが蓄積しているので、縮毛矯正がかかりづらかったり、さらにダメージを受けてしまったりする可能性があります⚡️

そのため、美容院によっては縮毛矯正の施術を断られる場合もあります❗️

一度でもブリーチした経験のある人は、縮毛矯正をかけることでかえってチリチリとした髪の毛(ハレーション)になったり、思ったような仕上がりにならなかったりするので注意しましょう⚠️



縮毛矯正が向いている人

縮毛矯正は以下のような人におすすめです。

  • 強いくせ毛でスタイリングがうまくいかない人

  • 毎日のセット時間を短縮したい人

  • あまり髪が傷んでいない人

  • 髪が多くボリュームダウンしたい人



縮毛矯正が向いていない人

以下のような人は縮毛矯正が向いていない可能性があります。

  • ハイダメージの人

  • 繰り返しブリーチをしている人

  • 髪のボリュームを維持したい人

  • 頻繁に髪型を変えたい人



いかがでしたでしょうか??

縮毛矯正を迷われてるかたはこのブログを参考にしていただいて施術を考えてみてください✨

わからないかたはぜひMIRAでカウンセリングを受けにきてください✨


ストレートエステ

という縮毛矯正のダメージをエステの効果で軽減していき、ずっとキレイでいられる状態を作ります✨


かなり効果と持続のあるメニューとなっておりますのでぜひご検討くださいませ‼️


最後までご覧いただきありがとうございました😊







閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page