top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

縮毛矯正で失敗してチリチリになってしまった・・・。 和歌山 美容室 髪質改善


こんにちは、みなさん!

和歌山にある髪質改善専門美容室MIRAです✨


当店では髪質改善専門美容室として

【貴女の未来を美しくする環境を創り続ける】


というコンセプトにそってお客様に髪質改善技術の提供をおこなっています❗️


今日は、縮毛矯正で髪がチリチリになってしまった場合の対策についてお話しします。


最新のヘアケア情報を交えながら、誰でも簡単にできる方法を紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。


#### 縮毛矯正でチリチリになる原因


1. 過度な熱ダメージ

   縮毛矯正は高温のアイロンを使うため、髪に過度な熱が加わり、ダメージを受けやすくなります。これが原因で髪がチリチリになることがあります。


2. 薬剤の影響

   縮毛矯正の薬剤が強すぎる場合、髪のタンパク質が変性し、髪が硬くなってしまいます。これが髪のチリチリ感を引き起こします。


3. 過度な施術

   縮毛矯正を頻繁に行うと、髪がダメージを蓄積しやすくなります。特に間隔を開けずに繰り返すと、髪が弱くなりやすいです。


#### チリチリになった髪を治す方法


1. 保湿シャンプーとトリートメントを使う

   髪の乾燥を防ぐために、保湿成分が含まれたシャンプーとトリートメントを選びましょう。これで、髪の内側からしっかり保湿できます。


2. 週に1回のヘアマスク

   ヘアマスクを週に1回使うことで、髪に必要な栄養を補給し、しっとりとした髪を維持できます。特に、ダメージ補修成分が含まれたものがおすすめです。


3. タオルドライの工夫

   髪を洗った後、ゴシゴシとタオルで拭くのではなく、優しくタオルで押さえるようにして水分を取りましょう。これで摩擦によるダメージを防げます。


4. ヘアオイルやクリームの使用

   髪が乾いた後に、ヘアオイルやクリームを少量手に取り、髪全体になじませると、髪の表面をコーティングしてくれます。これで湿気や乾燥から髪を守り、しっとりとした質感を保てます。


#### 誰でも簡単にできる方法


こまめな水分補給

髪の乾燥を防ぐためには、体全体の水分を保つことも大切です。こまめに水分を取り、体内から髪に水分を供給しましょう。


冷水でのすすぎ

シャンプーやトリートメントを流すときに、最後に冷水で髪をすすぐと、キューティクルが閉じて髪がまとまりやすくなります。これはとても簡単にできる方法です。


#### トリートメントの工夫


自宅での集中ケア

縮毛矯正後の髪は、特に集中ケアが必要です。自宅でできるトリートメントを使い、集中ケアを行いましょう。


髪セレブトリートメントは髪に深い潤いを与えます。


サロンでのケア

プロの美容師によるサロントリートメントも効果的です。


ダメージを受けた髪をしっかりと修復し、健康な状態に戻すために、定期的なサロンケアをおすすめします。


### まとめ


縮毛矯正でチリチリになってしまった髪を治すためには、保湿ケアと正しいヘアケア方法を取り入れることが大切です。


最新のヘアケア情報を取り入れつつ、簡単に実践できる方法を毎日の習慣にして、しっとりとした美しい髪を手に入れましょう。



MIRAでの髪質改善ヘアエステを試してください!

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:3回0件のコメント

Komentarze


bottom of page