top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

細い髪の毛質は傷みやすい? 和歌山 美容室 髪質改善


細い髪の毛質は傷みやすい?


こんにちは!


細い髪の毛質は、一般的に傷みやすいとされています。


その理由や対策について、ご説明します。


まず、細い髪の毛質が傷みやすい理由はいくつかあります。


細い髪は太い髪に比べて、髪の毛が細く弱いため、外部からの刺激やダメージに弱い傾向があります。


また、細い髪は一本あたりの毛量が多く、表面積が大きいため、ダメージが広がりやすくなります。


細い髪が傷みやすいと感じる方は、特に以下のような状況に注意が必要です。


熱や化学処理: ブローなどの熱を使ったスタイリングや、パーマやカラーリングなどの化学処理は、髪を傷める原因となります。


細い髪の場合、熱や化学処理によるダメージが広がりやすく、髪全体が傷みやすくなります。


ブラッシングや櫛での引っ張り: 髪の毛が細いため、力を入れてブラッシングや櫛で引っ張ると、髪が簡単に切れやすくなります。


特に湿った状態では、髪が弾力性を失い、傷みやすくなるので注意が必要です。


外部からの乾燥や摩擦: 太い髪に比べて、細い髪は水分や油分を保持しにくいため、外部からの乾燥や摩擦によるダメージを受けやすくなります。


細い髪の毛質が傷みやすいと感じる方は、以下のような対策を行うことで、ダメージを軽減することができます。


適切なヘアケア製品の選択: 細い髪に適した、保湿効果のあるシャンプーやコンディショナーを選びましょう。


また、ヘアオイルやトリートメントなどを使用して、髪に潤いを与えることも重要です。


熱や化学処理の回避: 髪への負担を軽減するため、熱や化学処理をできるだけ控えるようにしましょう。


特に、細い髪の方は、熱や化学処理によるダメージが広がりやすいため、慎重に行う必要があります。


優しいブラッシングや櫛の使用: 毛先から順に優しくブラッシングや櫛で整えるようにしましょう。


また、湿った状態では引っ張らず、優しく乾かすようにしましょう。


以上が、細い髪の毛質が傷みやすい理由と対策方法です。適切なケアを行い、健やかな髪を保ちましょう!


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:1回0件のコメント

Comentarios


bottom of page