top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

市販のカラーが危ない理由 和歌山 美容室 髪質改善


こんにちは、みなさん!


今日は市販のヘアカラーについてお話しします。


市販のカラーリング剤を使うことは、手軽で安いという利点がありますが、実はあぶない理由がいくつかあります。


最新のヘアケア情報を誰でも簡単にできるヘアケア方法をご紹介します。


### 市販のヘアカラーの問題点


1. 成分が強すぎる

市販のカラーリング剤には、髪を染めるために強い薬品が使われています。


これらの薬品は、髪や頭皮にダメージを与えることがあります。


例えば、アンモニアや過酸化水素は、髪のキューティクルを開いて色を内部に浸透させますが、その過程で髪が乾燥し、ダメージを受けやすくなります。


2. アレルギーのリスク


市販のヘアカラーには、パラフェニレンジアミン(PPD)という化学物質が含まれていることが多いです。


PPDはアレルギー反応を引き起こすことがあり、ひどい場合は頭皮の炎症やかゆみ、さらには発疹や腫れを引き起こすこともあります。


3. 色ムラができやすい

市販のカラーは、誰でも簡単に使えるように作られていますが、実際に使ってみると色ムラができやすいです。


特に、自分で後頭部を染めるのは難しいですよね。色ムラがあると、せっかくのカラーも台無しです。


### プロの美容師からのアドバイス


#### ヘアケアの基本


1. シャンプーとトリートメントの選び方

自分の髪質に合ったシャンプーとトリートメントを選びましょう。


乾燥が気になる方は、保湿成分が含まれたものを選ぶと良いです。


オイリーな髪の方は、軽い仕上がりのものを選ぶといいですよ。


#### 自宅でできる簡単ヘアケア


1. ヘアオイルの活用

洗髪後に、タオルドライした髪にヘアオイルを少量つけてください。


ヘアオイルは髪にツヤを与え、乾燥を防ぎます。特に、アルガンオイルや椿油はおすすめです。


2. ブラッシングの方法

濡れた髪は切れやすいので、優しくブラッシングすることが大切です。


広い目のコームを使って、毛先から少しずつ解いていくと、髪が切れにくくなります。


### まとめ


市販のヘアカラーは便利ですが、強い成分やアレルギーのリスク、色ムラなどの問題があるため、注意が必要です。


プロの美容師のアドバイスに従って、自宅でも簡単にできるヘアケア方法を取り入れて、健康で美しい髪を保ちましょう。


自分に合ったヘアケアを続けることで、髪はもっと美しくなりますよ!


これからも、自分の髪を大切にケアしていきましょうね。



MIRAでのカラーエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page