top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

寝つきが悪いと起こる髪の症状とは?


"寝つきが悪いと起こる髪の症状にご注意!"


こんにちは!今日は、寝つきが悪いと起こる髪の症状についてお話ししましょう。


良い睡眠は美しい髪の秘訣の一つですが、寝つきが悪いと髪にさまざまな影響を与えることがあります。


それでは、具体的にどのような髪の症状が起こるのでしょうか?


1. くせ毛や広がり

寝つきが悪いと、枕と髪の間に摩擦が生じやすくなります。


これによって髪が乱れ、くせ毛や広がりが生じることがあります。


2. 髪の乾燥

寝つきが悪いと、寝返りを打つことが多くなり、髪が摩擦して水分が奪われやすくなります。


その結果、髪が乾燥してパサつきや枝毛が生じることがあります。


3. 髪の絡まり

寝つきが悪いと、寝返りを打つたびに髪が絡まりやすくなります。


朝起きたときに絡まった髪をブラッシングする際に、髪を傷めることがあります。


4. 頭皮の乾燥

寝つきが悪いと、枕による圧迫や乾燥した部屋の影響で頭皮が乾燥しやすくなります。


乾燥した頭皮は健康な髪の成長を妨げる可能性があります。


では、寝つきが悪いと起こる髪の症状を改善するためにはどうすればよいでしょうか?


1. 適切な枕の選択

寝つきが悪い場合は、適切な枕を選びましょう。


髪や首の負担が少なく、髪が摩擦しにくい素材の枕を選択することが大切です。


2. ナイトキャップやヘアバンドの活用

髪をまとめることで、髪同士の摩擦を減らし、絡まりや乾燥を防ぎます。


ナイトキャップやヘアバンドを使って、髪を保護しましょう。


3. 適切なヘアケア

寝る前に、適切なヘアケアを行いましょう。


保湿効果のあるトリートメントやオイルを使って、髪と頭皮の乾燥を防ぎます。


良い睡眠は美しい髪のために欠かせません。寝つきを良くするために、日々の生活習慣やヘアケアを見直し、健康な髪を手に入れましょう!


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page