top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

切れ毛にならない髪のくくり方


こんにちは!


髪のお悩みに多い【切れ毛】


これはただ髪が傷んだから。

だけではありません‼️


実は日常で髪をくくる時にも切れ毛が多いのです💦


今日は、切れ毛になりにくい髪のくくり方についてお話しします。


最新のヘアケア情報や驚くような知識も交えつつ、誰でも簡単にできる方法をご紹介しますので最後までぜひご覧下さい🙏


【なぜ切れ毛になるの?】


髪を結ぶときに、間違った方法や道具を使うと切れ毛の原因になります。


特に以下のことが原因です。


1. 強く引っ張る:

髪を強く引っ張って結ぶと、毛根に負担がかかり、切れ毛が発生します。


2. ゴムの種類: 髪に負担がかかるゴムを使うと、髪が切れやすくなります。


3. 結ぶ場所: 同じ場所で結び続けると、その部分が切れやすくなります。


【最新のヘアケア情報】


シルクやサテンのシュシュ:

シルクやサテンのシュシュを使うと、髪への摩擦が減り、切れ毛のリスクが少なくなります。


これらの素材は髪に優しいため、毎日の使用に適しています。


スパイラルヘアタイ:

スパイラル状のヘアタイは髪を優しくまとめることができ、普通のゴムよりも圧力が分散されるため、切れ毛を防ぐことができます。


【あっと驚くヘアケア知識】


へあオイル:

髪を結ぶ前に少量のヘアオイルを毛先につけると、摩擦が減り、切れ毛が防げます。


また、髪にツヤも与えます。


ナイトキャップ:

寝るときにシルクのナイトキャップをかぶると、髪が絡まず、切れ毛が減ります。


特に長い髪の人には効果的です。


【切れ毛にならない髪のくくり方】


1. ゆるめに結ぶ:

   髪を強く引っ張らず、ゆるめに結ぶことが大切です。


これにより、髪の根元への負担が減り、切れ毛が防げます。


2. 適切な位置を変える:

   毎回同じ場所で結ばず、結ぶ位置を変えることで、同じ部分に負担がかかるのを防げます。


例えば、今日は低い位置で結び、明日は高い位置で結ぶなど工夫しましょう。


3. ヘアアクセサリーの選び方:

   髪に優しい素材を選ぶことが重要です。


例えば、シルクやサテンのシュシュ、スパイラルヘアタイなどを使いましょう。


【簡単にできる方法】


1. お団子ヘア:

   髪をゆるくお団子にまとめると、髪全体が均一に支えられるため、切れ毛が防げます。


お団子を結ぶ際は、シルクシュシュを使うとさらに効果的です。


2. 三つ編み:

   髪を三つ編みにすると、髪が絡みにくく、切れ毛を防ぎやすくなります。


特に寝るときに三つ編みにすると、朝起きたときに髪が絡まりにくくなります。


3. ポニーテール:

   ポニーテールをするときは、ゆるめに結び、シルクシュシュやスパイラルヘアタイを使うと、切れ毛のリスクが減ります。


【まとめ】


髪を結ぶときには、適切な方法と道具を使うことが重要です。


最新のヘアケア情報や驚くような知識を活用し、切れ毛を防ぐための簡単な方法を実践してみてください。


髪に優しい素材を選び、結ぶ位置や方法を工夫することで、美しい髪を保ちましょう。


ぜひ、今日から試してみてくださいね!

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page