top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

ホームカラーをしてはいけない理由


こんにちは!


今日は、ホームカラーを避けるべき理由とその代替策についてお話しします。


最新のヘアケア情報や驚くような知識を交えつつ、誰でも簡単にできる方法をご紹介しますのでぜひご覧ください!



【ホームカラーをしてはいけない理由】


1. ムラになりやすい:

   自分で髪を染めると、色が均一に入らないことが多いです。


特に後ろの部分や根元と毛先の差が出やすく、見た目が不自然になりがちです。


2. 髪と頭皮へのダメージ:

   市販のヘアカラー剤は、誰でも使えるように強めの成分が入っていることが多く、


髪や頭皮に大きなダメージを与える可能性があります。


3. 適切な技術が必要:

   プロの美容師は、髪の状態や色の調整を見極めながら染めますが、家庭ではその技術や経験が不足しがちです。


そのため、思った通りの色にならないことがよくあります。


4. アレルギーのリスク:

   ヘアカラーにはアレルギーを引き起こす成分が含まれていることがあります。


プロの美容師は、事前にパッチテストを行い、リスクを回避しますが、


自宅ではこれを怠りがちです。


【簡単にできる方法】


1. プロに任せる:

   一番のおすすめは、やはりプロの美容師に任せることです。


プロは髪の状態を見極め、最適なカラーリングを行ってくれます。


定期的に美容院でカラーリングをすることで、髪を健康に保つことができます。


2. サロンカラーの利用:

   美容院で提供されるサロンカラーは、


家庭で行うカラーリングよりも髪に優しく、長持ちします。


また、美容師は髪の状態に合わせて最適な処方をしてくれるため、ダメージを最小限に抑えられます。


3. パッチテストの実施:

   どうしても自宅で染めたい場合は、必ず事前にパッチテストを行いましょう。


これは、アレルギー反応を防ぐための重要なステップです。


### 実践例


美容院でのカラーリングスケジュール:

美容院でのカラーリングは、約4〜6週間に一度行うのが理想的です。


これにより、髪と頭皮の健康を保ちながら、美しい色味をキープできます。


【まとめ】


ホームカラーを避けるべき理由と、その代替策についてご紹介しました。


プロの美容師に任せることで、髪と頭皮の健康を保ちながら、理想の髪色を手に入れることができます。


最新のヘアケア情報や驚くような知識を活用し、美しい髪を保つために、ぜひ実践してみてください。


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲


閲覧数:2回0件のコメント

Kommentare


bottom of page