top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

ヘアアイロンで髪を傷ませてしまうやり方とは? 和歌山 美容室 髪質改善


「ヘアアイロンでの傷み回避!髪を守るための正しい使い方」


ヘアアイロンは、スタイリングの強力な味方ですが、誤ったやり方で使うと髪にダメージを与えてしまうことがあります。


ここでは、ヘアアイロンで髪を傷ませないための正しい使い方についてお伝えします。


1. 高温設定の乱用:

ヘアアイロンの温度設定は重要です。


高温は髪に負担をかける原因となります。


適切な温度設定を選び、髪の状態に合わせて使いましょう。


2. 保護剤の不使用:

ヘアアイロンを使用する前に、ヒートプロテクト剤や保護剤を髪に塗布することが大切です。


これによって熱から髪を守り、ダメージを最小限に抑えます。


3. 湿った髪へのアプローチ:

湿った髪にヘアアイロンをかけると、水分が蒸発して髪が傷むことがあります。


必ず乾いた髪に使用するようにしましょう。


4. 同じ場所への繰り返し:

同じ場所に何度もヘアアイロンをかけると、髪が過度に加熱されてしまいます。


一度でしっかりとスタイリングするよう心掛けましょう。


5. 急いでの作業:

ヘアアイロンは時間をかけて髪を整えることが重要です。


急いでの作業は熱がムラなく行き渡らず、結果的にダメージを招く可能性が高まります。


これらのポイントに留意することで、ヘアアイロンを使いながらも髪を傷ませず、スタイリッシュな髪型を楽しむことができます。


ヘアケアを大切にして、美しい髪を保ちましょう。


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page