top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

タオルで髪をゴシゴシ拭いてはいけません! 和歌山 美容室 髪質改善


「髪をゴシゴシ拭くデメリットと優しいヘアケアの秘訣」


タオルで髪をゴシゴシ拭くことは、一見便利なようですが、実は髪にとってはデメリットがあります。


最新の情報を交えて、髪のケアにおいてタオルの扱い方に気を付ける理由をご紹介します。


1. 摩擦による髪のダメージ:

タオルで髪をゴシゴシ拭くと、摩擦が発生しやすくなります。


これによって髪のキューティクルが傷つき、パサつきや枝毛の原因になります。


2. 湿った髪への力強いこすりつけ:

湿った髪はデリケートで傷みやすい状態です。


力強くタオルでこすると、髪の結びつきが悪くなり、ダメージを招く可能性が高まります。


3. 静電気の発生:

ゴシゴシ拭くことで髪の表面が乱れ、静電気が発生しやすくなります。


これが原因で広がりやすくなり、扱いづらい髪になります。


4. 髪の繊維を傷つける:

タオルは髪の繊維に引っかかりやすい素材です。


強くこすると、髪が引っかかりやすくなり、絡まりやすくなるデメリットが生じます。


では、どうすれば良いのか?優しいヘアケアの秘訣は以下の通りです。


1. タオルで優しく押さえる:

髪を優しく包み込むようにタオルで押さえる方法を選びましょう。


力を入れず、余分な水分を吸収させるようにします。


2. マイクロファイバータオルの利用:

マイクロファイバータオルは繊維が細かく、髪への摩擦が少ないためおすすめです。


水分をしっかり吸収し、優しく拭くことができます。


3. ドライヤーで余分な水分を取り除く:

タオルドライの後、ドライヤーで風を使って余分な水分を取り除くと、髪が傷みにくくなります。


これらの方法を実践することで、髪にやさしいヘアケアを実現できます。


美しい髪を保つための大切なポイントです。


MIRAでの髪質改善ヘアエステをご存知でしょうか?

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page