top of page
  • 執筆者の写真良介 坪井

まとまりにくい髪の治し方 和歌山 美容室 髪質改善


こんにちは、みなさん!

和歌山にある髪質改善専門美容室MIRAです✨


当店では髪質改善専門美容室として

【貴女の未来を美しくする環境を創り続ける】


というコンセプトにそってお客様に髪質改善技術の提供をおこなっています❗️


今日は、まとまりにくい髪を改善するための方法についてお話しします。


最新のヘアケア情報と、あっと驚くヘアケア知識を交えて簡単に実践できる方法をお伝えします。


#### まとまりにくい髪の原因


1. 乾燥

   髪が乾燥すると、ぱさつきやすくなり、まとまりにくくなります。特に乾燥した季節や環境では、髪の水分が失われやすくなります。


2. ダメージ

   パーマやカラーリング、ヘアアイロンの使用による熱ダメージは、髪を弱くし、まとまりにくくします。


3. くせ毛

   天然のくせ毛や波状の髪は、湿気や気温の変化に敏感で、広がりやすくまとまりにくいです。


#### まとまりにくい髪を改善する方法


1. 保湿シャンプーとトリートメントを使う

   乾燥を防ぐために、保湿成分が含まれたシャンプーとトリートメントを選びましょう。これで、髪の内側からしっかり保湿できます。


2. 週に1回のヘアマスク

   ヘアマスクを週に1回使うことで、髪に必要な栄養を補給し、しっとりとした髪を維持できます。ヘアマスクは、トリートメントよりも濃厚な栄養が含まれているので効果的です。


3. タオルドライの工夫

   髪を洗った後、ゴシゴシとタオルで拭くのではなく、優しくタオルで押さえるようにして水分を取りましょう。摩擦を減らすことで、髪へのダメージを防げます。


4. ドライヤーの使い方

   ドライヤーを使うときは、髪から20cm以上離して使用しましょう。また、熱風の後に冷風を当てると、キューティクルが引き締まり、広がりを抑えられます。


5. ヘアオイルやクリームの使用

   髪が乾いた後に、ヘアオイルやクリームを少量手に取り、髪全体になじませると、髪の表面をコーティングしてくれます。これで湿気や乾燥から髪を守ることができます。


#### 驚きのヘアケア知識


シルクの枕カバーを使う

シルクの枕カバーは摩擦が少なく、髪のキューティクルを守るのに最適です。寝ている間の摩擦を減らし、朝の髪の広がりを防げます。


#### 誰でも簡単にできる方法


冷水でのすすぎ

シャンプーやコンディショナーを流すときに、最後に冷水で髪をすすぐと、キューティクルが閉じて髪がまとまりやすくなります。冷たい水でのすすぎは、特に夏におすすめです。


ヘアブラシの使い方

ブラッシングの際は、毛先から徐々に上に向かってとかしていくと、髪が絡まりにくくなります。また、ブラシはナイロン製よりも猪毛などの天然素材を使うと、髪に優しく、ツヤも出やすいです。


### まとめ


まとまりにくい髪を改善するためには、保湿ケアと正しいヘアケア方法を取り入れることが大切です。最新のヘアケア情報を取り入れつつ、簡単に実践できる方法を毎日の習慣にして、サラサラとまとまりのある髪を手に入れましょう。


MIRAでの髪質改善ヘアエステを試してください!

お客様の髪質のお悩みにあわせて薬剤調合をして髪に負担を与えることなくケアができます。


そしてアイロンで仕上げないので熱によるダメージで髪がギシギシになることもありません。


髪は柔らかく、まとまりができ、手触りはかなりのものとなります。


ですが1回で完成するものではありません。


回数を繰り返すとよりツヤができます。


1番は、お客様がお家でも同じように仕上げられる


という事です。


あまり言い過ぎるとお客様に嫉妬されるのであとはその目と手と髪で確かめてください。


最後までご覧いただきありがとうございました😊



ホームページをご覧いただき、


ご相談は↓



まずは友達登録からよろしくお願いします🤲

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page